News ニュース

美術があって照明があたってお客様が喜ばれる

美術があって照明があたってお客様が喜ばれる

ずっとこのNEWSのページで書いていますが、美術が必要、照明が必要なのです、何も飾られていないステージでは、お客様がワクワクしません。音響は歌うために必須でしょうけど、飾りと照明が無いと台無しです。素敵なライブにする為に予算の割り振りを考えましょう

CROSS MEDIA EVENT 078

CROSS MEDIA EVENT 078

078filmコンテンツ エリア5高浜岸壁 これぞ神戸という景観で屋外で観る大迫力の映画、弊社は音響と照明を担当、078 PARTNERにTOA HX-7+Z-DRIVE L1がメインスピーカーとして使用いたしました。神戸のシンボルであるポートタワーとホテルオークラそして潮の香り、ワインにイタリアン料理が最高のマッチングです

HX-7ラインアレイ2連結+EAW SB1000

HX-7ラインアレイ2連結+EAW SB1000

弊社では、EAW-KF750+SB750 or SB1000をメインスピーカーとしています。唯一のラインアレイはTOA HX-7とRCF EVOX12のみです。今回TOA HX-7(2連結)+EAW SB1000 OUT-FILLにRAMSA A-200というシステムでプランしました、やはりパワーアンプの調整などを含め、チューニングにとても配慮し、限界まで機器の性能を引き出す!桜がとても綺麗な中、Good-Soundを引き出してくれたのは、弊社:岡田雅樹です

KOBE ELVIS

KOBE ELVIS

エルヴィス・プレスリーの銅像設置から10年、毎年開催されるフェスティバルです。今回は世界からエルヴィスを愛する歌手が大集結!今も色あせる事のないサウンドは素晴らしい!何度もプレスリーのCDを聞き、ミキサーをコントロールしました

チューニングが全てです。しっかりと調整しないと、Good-Soundは得られません!

チューニングが全てです。しっかりと調整しないと、Good-Soundは得られません!

今回は、メインスピーカーにQSC-KW153+KW181、サイドモニターにEAW-NT59を使用しました、どれほどに良いスピーカーを揃えてもチューニングが甘いとハウリングやボリュームが足りず、イベンター様や他からもっと音量を上げてというクレームが入ります。考えてください、そして勉強してください、色々な場面を想定して音声チューニングをしてください。この記事を書くのは、音に対してそしてイベント内容に対してあまりにも「ほったらかし」の方が多い、カラオケ大会でも参加料を払って歌っています、どうぞ一曲一曲を調整をしてあげてください。こんなもんかではダメです、フェーダーから手が離れる事は無いと思います、音楽は生き物ですからね!

明石城築城400周年記念事業

明石城築城400周年記念事業

LED映像で「明石城」やはりプロジェクターとは光源が違うので昼間でも文字が見えるというのは良いですね!

どんなに小さなコンサートでも舞台美術は必要です

どんなに小さなコンサートでも舞台美術は必要です

垂水のレバンテホールは約700人収納で中ホールです、舞台の天井高さもそれほど無いのですが、写真のように舞台美術を駆使すれば、コンサートの盛り上がりが随分と違います。美術レンタルも行っていますので、ぜひともご連絡をください

世界遺産姫路城マラソン2019

世界遺産姫路城マラソン2019

ラジオ関西中継本部:フィニッシュの臨時放送基地です。

東京プリンスホテル ディナーショー

東京プリンスホテル ディナーショー

弊社オリジナルのジョーゼットとバックを黒幕にしたステージ風景、とても締まった感じがGOODでした!やはり映像がある事で、お客様の目を楽しませる、予算を少しは美術に使ってください、随分とステージが変わります、勿論の事、音響も照明も大切です!

舞台美術には照明が大事ですね

舞台美術には照明が大事ですね

弊社所有の波ジョーゼット幕とドレープ幕、いかに照明オペレーターが工夫をするかで、美術が彩良く、お客様は歌手と照明のコントラストを見て「ええなぁ~」って思ってくれるかが、すべてですね!

美術があって照明があたってお客様が喜ばれる CROSS MEDIA EVENT 078 HX-7ラインアレイ2連結+EAW SB1000 KOBE ELVIS チューニングが全てです。しっかりと調整しないと、Good-Soundは得られません! 明石城築城400周年記念事業 どんなに小さなコンサートでも舞台美術は必要です 世界遺産姫路城マラソン2019 東京プリンスホテル ディナーショー 舞台美術には照明が大事ですね
このページのトップへ